3つのポイント

65年以上の長きに渡り
お客様から愛され続ける安田屋には、
歴史に裏打ちされた確かな戦略があります。

薄利多売

儲けすぎずお客様に還元することで、多くの方が来店される繁盛店に繋がります。

現場主義

営業の最前線にある店舗が自ら営業判断を下し、迅速に施策実行します。

地域密着

常に地域一番店を目指して、急激な拡大をおこなわず堅実な経営をしてきました。

客入りへのこだわり

安田屋の店舗はほとんどが地域一番店。
1953年夏。安田屋の店舗は連日大入りの満員。その頃の冷房機といえば、一般家庭にとっては夢の設備。そこにパチンコ店としては初めて店内にクーラーを導入しました。以後も当社は快適性と利便性を追求し続け、お客様にとって居心地の良いホールづくりを行ってきました。
また、無駄のない店舗オペレーションシステムを作り、質の高いスタッフを育てること。これこそが高い客入りを維持し続ける安田屋の強みです。

全ては「安定した財務基盤」の
なせる業

大胆な営業戦略を打つことができる土台となる理由は「内部留保」の充実があげられます。
内部留保とは、会社の基礎(土台)になります。繁盛店を形成する営業力や、現場第一主義、地域一番店となる戦略などは土台があるからこそできる戦略となります。

「内部留保」の充実は大きな意味を持ちます。パチンコは大衆娯楽と言われ、全国で約12,000のお店がありますが、激しい顧客の奪い合いを繰り広げている状況です。従って、新規出店においてはユーザビリティとホスピタリティに配慮した店舗設計が要求されますし、競合店との戦いでは機動的かつ大胆な営業判断を要求される場面が多くなっています。つまり、「いつでも必要なところに充分な投資ができる」ことがとても重要であり、攻めと守り両方への備えとなるのです。