History

安田屋の歴史

安田屋の歴史


“信念”の積み重ね、 それが私たちの歴史

全てはお客様の為に、そして従業員の為に。
業界に先駆けた新しいサービスを積極的に追及し、様々なアイデアを実現してきました。
そして、これからも私たちの”信念”の積み重ねは続いていきます。
百年企業を、そしてその先を目指して。

1945年


名古屋にて
 「安田屋遊技場」をオープン

1951年


東京に進出し、
 板橋店をオープン

1953年


当時では珍しい冷房設備を
 都内3店に完備

1957年


玉の自動研磨設備を独自開発

1959年


株式会社安田屋を設立

1960年


玉の自動補給装置を開発

1981年


法人所得ランキングで業界第1位を獲得

1985年


新卒採用開始

1989年


創業者の冨田泰由、日遊協副会長に就任
プリペイドカードとJ-NETシステムを導入

1993年


日本遊技関連事業協会
店舗のバリアフリー化を開始

1995年


接客サービスマニュアルの運用開始

1999年


安田屋イメージキャラクター
「ヤンクル」を製作、発表

2009年


創業60周年を迎える
全店舗にAED(自動体外式除細動器)設置

2010年


ホール照明の全面LED化を開始

2013年


2つの店舗にて太陽光発電開始

2017年


業界初の完全オリジナルPB機
YASUDA7を開発

2019年


創業70周年を迎える
組織改編を実施

2020年


新社屋に移転
組織体制を整える