Sustainable Development Goals

SDGs情報

株式会社安田屋における
SDGsへの取り組み

株式会社 安田屋は、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

当社は、未来につながる持続可能な地球環境と健康で幸福な社会となることを目指すSDGsの活動に賛同すると共に、その活動を正しく理解し、地域に根付いた遊技場経営を通して、継続して取り組んでいくことをここに宣言します。

2021年6月18日 株式会社安田屋
代表取締役 山下 信浩



当社におけるSDGsへの取り組み




受動喫煙防止対策実施

各店舗において、ホール内に喫煙室を設置し、非喫煙者の方への受動喫煙の防止に努めています。

従業員への資格取得支援制度、能力開発支援の実施

より良い業務を行うために資格の取得をしやすいように規定を定めるとともに、オンラインで各種セミナーが受けられる体制を構築しています。

出産、育児サポート規定を社内で整備

女性が働きやすい会社を目指し努力を続けており、2023年に「くるみんマーク」の取得を目指しています。

同一労働同一賃金の達成

雇用形態を問わず、同一業務における同一の賃金体制を実現しています。

障害者雇用の法定雇用率の達成

6月18日時点、法定雇用率を越える障害者雇用を継続しています。

店舗内照明LED化によるCO2排出量削減

電気使用におけるCO2排出量削減のため、店舗内照明のLED化を行っています。

トイレ・Wi-Fiの自由利用、及び災害時など、立体駐車場の貸出

各店舗において、トイレ、並びにWi-Fiの自由な利用を促すと共に、災害時には、地域住民の方々が車両を駐車できるように立体駐車場の提供を行っています。

太陽光発電の設置

太陽光発電を行うことにより、店舗に置ける電気消費量の削減に取り組んでいます。

社会貢献活動

ボランティア活動や車椅子の寄贈、災害対策活動に社員一人ひとりが社会と関わる機会として推進しています。

活動への支援

直接的な活動とは異なりますが、以下取り組みも行っています。

私募債によるSDGs活動の支援

私募債の発行により、りそな銀行様を介して、教育分野への団体活動支援を行っています。

今後の取り組みについて

上記取り組みは継続して行いつつ、未実施のカテゴリーについては、少しずつ自社なりに新たな取り組みを行っていきます。